不登校息子+親介護+単身赴任夫=思秋期なあたくし。

怒涛のようにやってきた不登校と介護と夫の単身赴任の荒波を、更年期のあたくしがサーフィンする日々の記録です。

笠を忘れないことにする

10月某日。

義父の四十九日法要は、雨だった。

 

遡ること3か月、義母の四十九日法要の日は梅雨明けの酷暑だった。

わたくしは寺での法要の後、会食を辞し職場に向かってしまった。

結果、義父と共に食事をする機会を永遠に失ってしまったのだ。

 

夏と秋。隣り合わせの季節で今年2度目の四十九日法要。

そして義母の時と同じ店での会食である。

義父の陰膳の前で義姉の箸は進まない。涙も止まらない。

マスク会席では会話もままならない。

義兄嫁が早々に席を立ち、義父の遺影に向かい好物だった鰤の刺身を供していた。

生醤油をタップリと浸けて。

わたくしも義兄嫁に倣い、漬物を醤油に浸して遺影に供してみた。

・・・ふと向けられている視線に気づくと

「みなしご」になった夫が冷ややかな目でわたくしを見ていた(-_-;)

 

kanimega.hatenablog.jp

 

その翌日も雨。

あれれ?傘が無い。ない、ない、ない?と傘を探すわたくしに

息子が閃いた!という顔つきで

「昨日の店だよ!キソロに忘れてきたんじゃね?」と言う。

・・・?

息子よ!それを言うならキソジである。

なるほど喪服のポケットには傘立てのカギ札が入っていた。

「雨晴れて笠を忘る・・・かぁ。」

「いや、まだ降ってるし!」

・・・嫁と孫のバカっぷりに、こりゃあ、じいじもあの世でビックリだろうなぁ・・・。

 

少しずつ哀しみから遠ざかっていかなくてはならないだろうが、

義父母から享けた恩は脳に身体に心に留めておかねば!

雨やんで人、傘を忘る。とかく人間は時の流れに過ぎし日の事を忘れがちなものです。推理と思い出のご対面!

 

幼少の頃TVで聴いた桂小金治の名調子を思い出しながら向かった和食レストラン【木曽路】で

わたくしは忘れた傘とご対面したのだった・・・。

 

 

 

 

 

隠れ蓑を脱ぐ時がきた

f:id:kanimega:20210918112923j:plain両親のことを「キヨちゃん」「テルちゃん」と呼んで育った

夫たち3姉弟である。

兄嫁も、そう呼んでいたが

わたくしは馴染めず、

「とうさま」「かあさま」と。そう呼ばせていただいた。

 

そんなわたくしと義父義母との距離感が不登校息子に伝わってしまったのか、は、

定かではないが、

物心ついた頃から息子は義父義母に対し「じいじ」「ばあば」と呼びかけることは無かった。

 

精進落としでの席で姉が

「そういえばウチの母親が生前ね、孫にバアバって呼ばれてみたいと言っていたな」と呟いた。ウチの母親がね・・・って。きっつ!!!!

次いで兄嫁が

「キヨちゃん、いつも泣いていたよね(;_:)kanimegaちゃんが親権取って出ていったらウチの孫がいなくなっちゃう、って・・・お墓のこともあるし困っちゃうって」。

兄嫁にだけ漏らした夫とのイザコザが、義父の耳にまで伝わっていたとは、この時まで思いもよらなかった。しかも、泣いていた・・・って・・・。えええええっ!!!!

 

ちなみに

夫には姉と兄が一人ずつおり、姉は未婚。兄夫婦は子を儲けなかった。

 

風当たりの強い精進落としの席であった。

夫は、あちら側の席の端っこで涼しい顔だ。

義父と義母を失って初めて曝される本音の嵐。

誰もが言葉を失った席でミンミンゼミの声だけが響いている。

 

※※※

 

再び炉の扉が開き、肉体を失くした義父と対面した。

足の骨が標本のようにしっかりと残った。

わたくしの介助を断り、車椅子を拒否し、最期まで2本の足で自立した義父であった。

その一方で、喉仏と言われる第二頸椎は欠けてしまっていた。

長年、職人として工場で旋盤を回し続けた義父の姿を思い出した。

長身を折りたたむように食い入るように機械に対峙していた義父の姿を。

 

義父の系譜を引き継ぐ息子のことが必要だという義理の家族たちの中で

役割を担ってこなかったわたくしには、既に居場所が無いことを悟り、

自分の身の振り方を真剣に考えなければならない事態に気づいた。

 

骨を拾わせて頂く段となり

共に箸を渡してくれる人が居ないわたくしに

息子が再度箸を手に取ってくれた・・・。

親という隠れ蓑の中に居て17年。

育児が苦行だ修行だとボヤいてばかりいたことをひたすらに反省。

 

 

 

みなしご父ちゃん

義母の百箇日と誕生日が奇しくも同日であった。

その日を指折り数えていたかのように義父が逝ってしまった。

仲良し夫婦であった。

いろいろな悲しみと輝きと思い出と後悔の中で、一つだけわかった事がある。

言葉にし難いが、敢えて言うならば、

『そういう事か。』と。


冷たく硬くなっていく義父の長い脚に触れながら

「父ちゃんは、今日から孤児(みなしご)なんだね」と呟いたら息子の失笑を買ってしまった。

振り返ると夫が苦笑しながら目尻を拭っていた。


親を送る、ということは、親孝行なんだと思えばこそ

夫よ!踏ん張れ!!

f:id:kanimega:20210913081742p:plain

実家が売れないとき

f:id:kanimega:20210819032542j:plainお天気雨が降りつけるなか、@実家。
ルドベキアが咲き誇る母の庭を眺めていた。

先程、雨の不意打ちを食らい、慌てて洗濯物を取り入れた際にウッドデッキを踏み抜いてしまった。長らく実家の団欒の中心地でありつづけてきたデッキである。修繕をしたらまた、皆で火を囲み、笑いあうことができるだろうか?

f:id:kanimega:20210824014334j:plain


一時は実家を売り払い、両親には
わたくしの自宅近くに転居することを考えてもらった。
しかし、リハウス業者が弾き出した売値価格はビックリするほどの安値で
それでは、その先の両親の老後が危ぶまれた。
それでも買い手がつけば、と一縷の望みを転売広告に賭けたものの反響は得られなかった。
増してや折り込み広告が実家近隣家庭に入ったもので、ご近所の心配と興味を巻き起こし、母のストレスは嵩んだ。
翌週にはリハウス業者担当者のアドバイスで端数を切っての再広告をぶち込んでみたものの、反応は薄かった、、。
そんな状況で一握、見学にやってきた人々は母の庭や、設えをこき下ろした(〃ω〃)。リハウス業者担当者も呼応して「そうですよね」と。
どうにもこうにも折り合いがつかず、母とわたくしはリハウスを諦めたのが数年前。

にわか雨に誘われるように、母の本音が口をついて出た。
「アンタ、この家をどう考えてる?もう、ママには、この先の事まで牽引していく力が無いのよ。アンタが引き受けて!そうしてくれると言って!そしたら最期の時まで安心して暮らしていけるから」
!。
「でないと、アンタが踏み抜いたウッドデッキみたいにママの心も朽ちていくだけだよ」

…。
そこへガンガンと壁を叩く音がする。
父はこうして居室から何かを訴える。
部屋を覗くとロンパリの目つきで
何か甘いもんをおくれよ。と言うのだ。
父は既に朽ちてしまった。
母が手遅れになる前に手を打たねばならないのは分かっているのだ。

母には、次の転職先は実家から通える場所にするから、と答えた。
母は、そう、じゃ、いつ?と。

いつにしよう。
わたくしの人生の思秋期。

f:id:kanimega:20210825054526j:plain



きっと行こうぞ!

夜来風雨の声を聞く。

絶え間なく降りつける雨音は、
ざーっ、を通り過ぎて
どーーーーー、だ。
あまりの降りように読んでいた本も進まずに、しばし夜の庭を眺めていると、
バタバタと駆け足で息子がやってきた。
なんでも「寒い夢を見た」そうだが、
反して額と背中に冷や汗をビッチリとかいている。
「風雪に視界をやられてヤバかったなぁ、ホワイトアウトだった」。
そう言いながら床にバッタリと、うつ伏せ寝した背中がまだ激しく上下している。
どうやら、バイクで峠道を攻めて行く、そんな夢を見たらしい。 
「こんな雨降りの夜に、母ちゃんが夜勤じゃなくて居てくれて良かった、と、素直に言ってみなさい」と呼びかけると、
突っ伏した横顔から隠しきれない笑顔が漏れていた。
 
やがて雨足は弱まり、明けてくる淡い朝の情景に啼鳥を聞く・・・。
ふと、「八ヶ岳に行きたいな」と息子が言う。
そういえば、小さな息子を連れてあれほど通った八ヶ岳へ、かれこれ4年も行っていない。
わたくしたち母子を、いつも笑顔で迎え入れてくれた宿の料理長は、お元気だろうか。
息子の耳元に
「好きなだけ、たくさん食べて帰りなさい」
「いつかお母さんと一緒に北岳に登れる強い男になるんだよ」と
囁いてくれた料理長の笑顔が息子の八ヶ岳での思い出を忘れられないものにしてくれている。
息子にとっての八ヶ岳は、【やつがたけ】程度であり、頬っぺたを優しくなでられるような思い出のまま更新されていない。まだ彼は登山の汗も苦しみも達成感も体験していない。同時に人生の汗も苦しみも達成感も・・・。
ああ。あのまま息子が普通の歩みで成長していったなら、今頃どうしているだろう。
ああ。どうしても、わたくしは
死んだ子の歳を数えるように息子の不登校以前の姿の続きを追いかけてしまう。
ああ。
ああ。
ああ。花落知多少、と、感じてしまう。
不登校を主張し、通信制高校を選んだ息子の今が、わたくしには孤独に見えてしまう。
北岳へは、わたくしが息子を連れて行かなくてもいいのかなぁ…
いや、もう、わたくしの体力が北岳には、そぐわないだろう。
我が体力落つることを知る多少ぞ…、だな。
でも、そうだね、行きたいよね、やつがたけ。

f:id:kanimega:20210712144651j:plain

 
 
 
 

神様、今は人生のどのあたり?

短冊に【あしたがほしい】、と書いた方がいらした。

85歳の彼女が書き付けた7文字には凄みがある。

この日の朝、ラジオから瀬戸内寂聴氏の講話で

【人間は死ぬために生きている。つまらない1日は1日たりともないと心得よ】

と,聴こえてきたばかり。

わたくしは、改めて1日の重さを考える事となった。

 

さて。

目下、自分を自力で再生中の*息子の1日は、というと

*中学2年春から完全不登校*高校に進学するが色々あり通信制高校に転校*余力で主婦ならぬ主息子として家事労働をこなしている

バイトを始めたことで時間がお金に替わる事を体感している。

呪文のように「お時給、おじきゅう…」と唱えながら今朝も小雨の中を出かけて行った。

何せ不器用な息子の事。

バイトの緊張感で労働前後の時間も頭の中はバイトモードである。

学校の課題提出は間に合っているのか、等、親としてはしてツッコミたいところであるが、今はやめておこうと思う。

耐えて時給を積み上げて、望む明日を手に入れて欲しいものだ。

・・・疲れたらそのまま寝ちまいな、

・・・転んだらそのまま胸を張れ、

 

と、宮本浩次氏が歌っているではないか!君に捧ぐ。

 

 

そんなわけで、最近のわたくしは、

7年前にスタートした夫の単身赴任と

3年前に始まった息子の完全不登校で言わなくてもよくなっていた毎朝の

「行ってらっしゃい」を毎日発語している。

なぜか、背中がこそばゆい。もしかしたら、ちょっとしあわせなのかもしれない。

 

今日のわたくしと息子のテーマ曲は

エレファントカシマシの『Easy Go』だ・・・ぜぇええええっ!

f:id:kanimega:20210630055409j:plain

父のエロ。さて、どう向き合えば良いのやら・・・

f:id:kanimega:20210624111545j:plain袋とじなら、週刊ポストか、アサヒ芸能か?

コンビニに、そんな雑誌を求めに行ったのだが見当たらなかった。

田舎道に夜になると忽然と現れるエロ雑誌自動販売機も、昨今では見当たらなくなった。

さて。どうしたものか・・・。

 

真相は、こうだ。

父からDVDが再生できなくなった、と電話がかかってきた。

「オレの唯一の趣味の映画鑑賞ができずショックでイライラが止まらない。なんとかしてくれ」と。

父は週に2回のデイサービス通い以外は外出することさえままならな身体。食事とトイレ以外はベッド上でテレビを眺めて過ごす毎日の人だ。

実家に到着すると母の機嫌がすこぶる悪い。

「DVDなぞ、パパは一生観られなくていい」と言う。

「介護の手が必要な分際で、あまりにも酷い」と悔し涙を流し始めたではないか。

何かイヤな予感を感じつつも父の居室でDVDデッキをいじる。

どうも、機材が認識できない素材が挿入されているらしい、ということが判明。

携帯で取説を検索し、いろいろ試しているものの、エラーコードが消えない。

テレビのコンセントを一旦抜き去り、再度通電させた途端に・・・・・・・

 

 

村西とおる氏に扮した山田孝之が「ホンバンは世界の常識なんだよ」と言っている予告編を観たことがあるが。

ストーリーがあるなら、まだしも。

そりゃないよ、というくらいに跳ねるベッド上で延々とづづくアンアン映像と音声が爆音で流れ出たのだ。

慌ててボリュームを落とし、デッキからDVDを掻き出すと怪しげな無タイトルの一枚が傷だらけで出てきた。

わたくしはデッキに正規に購入してきた【東京物語】をブチ込み再生ボタンを押し、

「いいよ、オマエ帰っていいぞ。それが観られたらもういいんだ」という父の前で無修正エロエロDVDをゴミ箱に捨てた・・・。

 

無修正エロエロを父がどうのように入手したのかは遂に判明しなかったが

おおよそ会社時代の悪友に頼んで送付してもらったものだろう。

かつて、ブルーフィルムの時代は紳士が集って秘密裏に映像を観たというではないか。

再生機が家庭のものとなり、さらに個人的なものになり、その文化は絶えてしまったのだろうか・・・。

とにかくエロエロをゲットした父は、昼となく夜となく野放図に映像を眺め観たようだ。そんな父の姿を介護者として母は許せなかった。

父の尊厳を踏み荒らしたくはないが、節度を忘れた父の行為は許しがたい。

父は自由ではない身の上ゆえ、母の嫌がることはしないでもらいたいのだ。

ご近所の手前もあり、せめて爆音はやめてほしいが父は難聴(´;ω;`)

ならば、動画じゃなくてエロ雑誌で手を打ってもらおうと考えたわたくしは

週刊誌を探しに街に出た。

そしてドラッグストアで週刊現代週刊ポストを手に入れて

父へ渡した。いや、ポンと汚いものでも投げるように放り投げた、というのが正しいかもしれない。

父はわたくしの気持ちを知ってか知らずか「こんなもん」と憤慨し、

介護ベッド下に投げ去った。

 

どうしたものか、父のエロ・・・。